« 正則の山行記録2・東京WALKING第6回<花見川上流> | トップページ | 正則の山行記録2・東京WALKING第7回<海老川> »

正則の山行記録2/附属編・西沢渓谷

1dsc01391 実施日:平成20年8月12日/. 目的地:西沢渓谷(山梨県)/. メンバー:妻と私(57才)/.  異動に伴ない、車通勤になった。今の三菱グランディスでは燃費(ガソリンが高騰している)が悪く、思い切って車を買い替えることにした。グランディス最後のドライブになる。 妻のリクエストに答えて、西沢渓谷を見に行くことにした。 朝5時8分に我が家を出発。猛暑続きである。幸い曇りである。本日の天気予報。東京は午前中雨。山梨はどうかな!  お盆前なので、やや車も多い。首都高を抜け、八王子付近で雨に見舞われる。談合坂SA(サービスエリア)で朝食を兼ねて休憩。早朝から人が多い。いつもの豚汁がメニューにない。おにぎりとサンドウイッチを買い、屋外のパラソル付のテーブルで食事をする。  笹子トンネルを抜けると勝沼インターである。カーナビではこの先を誘導していた。しかしここで降りた方が早い。最初の信号で勝沼方面に右折すればよかったが、やや不安になり、次の信号の塩山方面へ曲がってしまった。市内を余計に走ってしまった。貴重な時間をロス。 国道411号線に出て、恵林寺の脇を通り、国道140号線に出る。  道の駅「みとみ」に寄り、トイレ休憩。すぐ先に西沢渓谷の入口がある。一番下の駐車場に車を入れる。すでに十数台駐車していた。陽を避けて木陰に。8時35分。山支度をして8時45分に出発。ループ橋の下を潜り林道を歩く。  休憩場(分岐)を過ぎ、更に進むと村営西沢山荘がある。元気な親子連れも歩いている。 最初の滝は三重の滝である。コンクリートで整備されている。やや観光地化され過ぎているのでずっとこんなのでは興醒めしてしまう。と思ったがこの先は自然の中にある登山道であった。ほっとする。 結構沢伝いに登るのでアップダウンがあり、ハイキング気分では治まらない。軽登山である。でも沢の景観はずっと続くので心はリフレッシュされる。何段にもなっている青々としている滝つぼ。滝から落ちる白い泡。すがすがしい清涼感がある。渓谷の橋を何回か渡る。この渓谷は日本一かもしれない。そう思えるようになってきた。 雄大さはないが日本の渓谷美を満足させてくれる。30年前に国師岳を目指してここを通ったはずなのだが、このすばらしい渓谷美の記憶がない。どうしてかな! やや洞窟になった母胎淵を過ぎ、カエル岩を過ぎる。急坂を登ると目の前に七ツ釜五段の滝が目に飛び込む。10時30分。 208081201380 感動である。妻に誘われてここに来て良かったと思う。一度来ているので余り期待していなかったのである。シャッターを何回も押す。...... 滝の先で道から降りて、沢へ降りた。「ここで昼食にしよう!」お腹のすく時間である。10時40分。岩に腰を下ろし、おにぎりとパンを食べる。また麦茶が旨い。20分後にまた再開。 後ろから来た中年男性が我々を追い抜き際、草花を取って「これ、なんだが分かりますか!」と突然質問してきた。私が見ても分かるわけがない。「いや~分かりません!」色々講釈してくれた。「コシアブラの木」だそうだ。葉を天ぷらにするといいとのこと。 08081201402 何の変哲もない低木の草木である。特徴がないので覚えられない。とりあえず写真に収めた。  また坂を登りきったら、西沢渓谷の折り返し点である。ベンチには何組かの人達がお弁当を広げていた。トイレもある。その先には軌道跡があり、レールが付いていた。昔をやや思い出したかな!この先は荒れていて国師を断念して引き返した場所である。  我々も木の根っこに腰を下ろし、青森県産の太陽というプラモをかじる。大きいのであごがはずれそうである。 11時15分。 15分ほど休憩して下る。 下りは軌道跡を歩くので、平坦な道をゆっくり下がる。途中、小型ブルトーザーで道を整備していた。楽なコースであるが、1時間30分歩くのでちょっと長く感じる。 崖下20メートルに2頭の鹿がいた。私が喜びの声を上げたのでびっくりして逃げていった。妻から「変な声を出すからよ!」となじられる。写真に収めようとしたが間に合わず。残念!そういえばもうひとつ、妻がへびとご対面していた。妻が先行して、カエルの岩付近(西沢渓谷)で「キャアー」と悲鳴をあげたらしい。私は滝の音で全く聞こえていなかった。妻に近づいたら、「ヘビが出たの!」と教えてくれた。後の祭りである。足元でヘビが横断していったらしいる。またひとつ思い出になるお土産話が増えたのである。 広い林道に出て、ネトリ橋を渡れば、丁度このコースの一周が完結する。この頃には陽が射して蒸し暑くなっていた。やはり午前中に歩いた方が良い。それでも若いカップルが気軽な格好ですれ違いざまに渓谷に入っていった。 駐車場に午後1時丁度に到着。朝寄った道の駅で、パンフレットを見て、日帰り温泉を探した。更に道の駅「花かげの郷まきおか」に寄り、妻のお目当てである農産品を見たが、品数が少ない。どうも甲府の先にある豊富の道の駅に比較して規模が小さすぎたようだ。期待はずれである。源泉の湯に浸かるつもりであったが、中止にして帰ることにした。 桃と野菜(きゅうりなど)は買ったようだが、ブドウがない。勝沼でぶどう園のある店に寄り、色々なぶどうを買い込む。 帰りにも談合坂SAによる。どういうわけか銀座並みの人ごみである。大きいたこ焼きを食べる。 渋滞に嵌らないうちに帰ろう。上野原、赤坂で多少の渋滞があったが、我が家に午後6時に着いた。 参考 ①歩行時間(距離:約11Km)  上り2時間15分  下り1時間30分 (合計3時間45分) ②歩行記録 西沢渓谷駐車場(30分)西沢荘(1時間20分)七ツ釜五段の滝(10分)沢(昼食20分/15分)西沢渓谷終点(15分休憩/軌道跡:1時間30分)駐車場 ③交通費 (走行距離 357Km) 13400円(ガソリン代、高速代)

|

« 正則の山行記録2・東京WALKING第6回<花見川上流> | トップページ | 正則の山行記録2・東京WALKING第7回<海老川> »

「アウトドア」カテゴリの記事

「旅行」カテゴリの記事

「登山」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111696/23081289

この記事へのトラックバック一覧です: 正則の山行記録2/附属編・西沢渓谷:

« 正則の山行記録2・東京WALKING第6回<花見川上流> | トップページ | 正則の山行記録2・東京WALKING第7回<海老川> »