« 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 2日目 | トップページ | 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 4日目 »

正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 3日目

3月1日(金)枕に1ポンドを置き、食堂へ。今日は妻に申し訳ないので、5ポンドを用意して渡した。イギリスでまともに朝食が出来なかったと言われるのもみじめである。ハムとソーセージと玉子焼きを皿に載せて笑顔でテーブルに着いた。これでイギリスに未練を残さずにすんだ。 駅に着くと、お昼のお弁当が支給された。出国手続きを済ませ、休憩室で時間調整である。電光掲示板に9時17分発、パリ行きの表示あり。女子学生が具合が悪くなったようだ。皆で心配する。グループに看護士の女性が居たので様子を見てもらう。やや青い顔をしているが列車に乗るしかない。彼女のカバンを押して、車両前後の荷物置き場の棚に押し込んだ。 念願のユーロスターである。ドーバー海峡を渡るので子供のようにはしゃぎたくなるのを我慢して座席につく。 列車は何の前触れも無く静かに動き出した。いよいよヨーロッパ大陸に上陸する。イギリスの風景に目をやりながら、おそらく海へと向かっているのだろう。 海底に入るといっても列車の中なのでどう見てもドーバー海峡を潜っているという確認するものは無い。トンネルに入れば、真っ暗で何も分からないので残念。イギリス領内ではアナウンスが最初英語で喋っていたが、フランス領に入るとフランス語からアナウンスする。もちろん車掌さんの声もイギリス人からフランス人に変わっているのだ。 トンネルを抜けるとフランスの田舎風景が出てくる。そんな風景見ながら、お弁当を出して食べる。ホテルの朝食よりずっと良い。サンドウィッチ、りんご、パイ菓子、お菓子が2種類、ペットボトルが入っている。全部食べきれない。お菓子類は全部残し、りんごは1個を二人で分けて食べた。外国人乗客はビュッフエへ足げく通っていた。 12時50分頃にロード駅に到着。スーツケースを出すのにちょっと苦労である。 全員下車するも例の女子学生はまだ気分が悪そうである。彼女がトイレに行っている間、駅構内の外れで待機する。 彼女が戻ってきたので、バスへ移動する。 パリから高速道路に乗り、一路オンフルールへ向かう。途中、サービスエリアにより、トイレ休憩。30分ぐらい休む。妻はみやげ物探しである。チョコレート風味の飴を見つける。これはいける。帰りもサービスエリアで纏め買いすることになった。 福家バスガイドがノルマンディの話を詳しくされた。フランス国も同意して北方民族のバイキング・ノルマン人がここに外敵を守る役割も兼ねて移住したらしい。ノルマンディ公爵として手厚く厚遇されたのである。イギリスとの100年戦争もここから始まるのである。そして終止符を打つのがジャンヌダルクである。戦争で劣勢のフランス軍を率いてあれよあれよと勝ち進んだらしい。フランスの王も和解を申し入れ、ジャンヌダルクはイギリスの捕虜となり、ルーアンという町で火あぶりの刑に処された。フランスの英雄はフランスから見捨てられたのである。 可哀想な少女だ。 話に夢中になっているうちにオンフルールに到着。オンフルールはセーヌ川の大西洋の河口である。昔の港町だったそうで現在は大西洋岸に大型船が停泊できる港が出来て、今はヨットハーバーとなっている。木造建築の教会がある。戦争で荒廃した町を船大工が作ったとのこと。教会を見学してから、お土産やにより、かわいい小鉢とスプーンを4個買う。 あまりゆっくり出来ないので急いでバスへ戻る。波止場のトイレは大分手入れがされていないらしい。女性トイレが1箇所しか使ええず、他は故障中だそうだ。女性軍は順番待ちで大変である。 バスに乗り込み、また高速道路に乗り、モンサンミッシェルへ向かう。牧場が多い。高速を下りると回りは暗くなっていた。8時45分。ホテルに到着。 我々のグループは二つに分かれた。島のホテルと陸のホテルだ。我々は陸のホテルでスーツケースを降ろす。島の一団はバスにスーツケースを残し、一泊分の着替え等をもって、移動していった。我々には背の高い美人のフランス在住の日本人のSATOMIさんが世話をしてくれた。彼女はフランス語がペラペラである。なんとたのもしい付添い人だ。 部屋の前にスーツケースが運ばれていた。部屋に入っても今までの欧州のホテルと違って、日本のホテルとさほど変わらない感じだ。水周りもしっかりしていた。FUKEさんに脅されていたが、立派な居住空間である。窓からモンサンミッシェルを覗くと暗闇にお城の明かりがうっすらと浮かびあがっていた。写真に撮るがきれいには取れなかった。 夕食は流山夫婦、女子学生3名、私たち夫婦である。不調の彼女もどうやら元気らしい。ロンドンのホテルと違い、格段と優雅に過ごせた。飲み物はSATOMIさんが皆さんの要望をまとめて注文してくれた。

13030106978

13030106983

13030106995

|

« 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 2日目 | トップページ | 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 4日目 »

「旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111696/51003300

この記事へのトラックバック一覧です: 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 3日目:

« 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 2日目 | トップページ | 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 4日目 »