« 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 4日目 | トップページ | 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 6・7日目 »

正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 5日目

3月3日(日)各自ホテルのレストランで朝食。開店早々お店に。空いているので窓際で食事をする。 本日は市内観光である。最初にシャイヨ宮からエッフェル塔を望む。今日は晴れであるが、肝心なエッフェル塔は逆光である。凱旋門を一周する。 そしてルーブル美術館へ。本日は日曜日で入場料はただ。地下駐車場に入る。ルーブルの昔の城壁跡を通り、長い行列に並び、入場する。逆ピラミッド広場で解散し、各自見学の後、ここで11時30分に集合。(日曜日は無料であるが、館内のガイドはないのである) 地図を貰うがすごく厄介である。まずは「モナリザの微笑み」を目指す。サモトラケのニケを見て2階に上がる。モナリザは40年前に私は見ているので驚くことは無いが、小さい額に納まっている。そこまでに行くのに大きな立派な絵画があるので、ついつい大きい絵画だろうと想像するのが一般的である。でも最近は皆さん周知されているので分かっているかも。 やはりモナリザの前は人だかりである。小さい絵なのでカメラを上げて撮影すると人の頭まで一緒に写っていた。 次はミロのビーナスを見る。ラメセス二世の巨像を見て、引き返す。その先は閉鎖中なのである。時間も無いので最後にハンラビ法典を見ようとしたが、たどり着かず引き返す。よく地図を見たら、奥の進んだ反対方向にあったらしい。 まずは集合場所へ戻ろう。コート預かり場所でコートをもらい、逆ピラミッドへ。 非常に疲れた。時間に制約があるのもそうだが、美術館はずっと立ってみるので疲れるものだ。 レストランでチキンとご飯を食べ、ぐっと元気になる。 これからはオプションになるので、幸いにも私たちはOPに参加するのでそのままバスに乗って移動するだけである。 セーヌ川に沿って、ダイアナ妃が事故で亡くなった場所を通過した。そしてパリ郊外のベルサイユ宮殿へ。 宮殿も休日なので無料である、オプションなので入場料が返却された金額ですむ。 ベルサイユ宮殿の向かいに立派な建物がある。それはなんと上から見ると馬蹄形になっている馬の宿舎だとのこと。人も羨まれるほど立派である。 宮殿はギュウギュウ詰めである。絵画、装飾品は一級品揃いで金ぴかである。この人ごみから早く脱出しようと足早に回る。マリーアントワネットの寝室を覗いて、裏庭に出る。 やっと開放されてホッとする。庭園の池には水がない。工事中らしい。 建物の土台に座って休憩した。そのうち寒いので駐車場へ戻る。途中、ツアーの男子学生とすれ違う。電車できたらしい。 パリ市内へ戻り、オペラ座で解散。これからが大変。どうやって時間をつぶすかである。本日は休日なのでお店は閉まっている。はっきりした目的も無いので、地図を広げ考える。サンラザール駅へ行こう。往復すれば多少時間つぶしになるだろう。 二人でぶらぶら歩く。ちょっと路地を遠回りして歩いたら、アウトレットの店が開いていた。のぞいて見よう。革製品が多い。うまい具合に妻が気に入った手提げカバンを見つける。ユーロも使い切れないので多少使ったほうがよいと思い買うことにした。赤いおしゃれなバッグで妻のお土産になった。 また外に出て、駅へ向かう。駅舎はいろいろの肌の人が多い。やや怖い感じもする。有料トイレがあるので妻に経験してもらうのも一計である。50セントを払って、すっきりして戻ってきた。 ここの駅舎の構造がユーロスターで到着したノード駅にそっくりだったので、ここが先日われわれが到着した駅だと思ってしまった。後でFUKEさんに聞いたら違った。 駅の地下ショッピング(店はしまっている)のベンチで休憩して、オペラ座へ戻る。陽が沈み寒さが身にしみた。 皆さんが自由行動から戻ってきた。バスに乗り込んでレストランへ移動する。 2階へ上がり、お目当てのエスカルゴを食べる。 さあ~ヨーロッパ最後の夜となる。 帰りの支度と明日の自由行動を何をするか検討する。 地下鉄でモンマルトの丘へ行くことにした。

13030307139

13030307153

13030307113

13030307093

|

« 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 4日目 | トップページ | 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 6・7日目 »

「旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111696/51106859

この記事へのトラックバック一覧です: 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 5日目:

« 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 4日目 | トップページ | 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 6・7日目 »