« 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 5日目 | トップページ | 東京WALKING 第17回 坂田ヶ池(印旛沼の竜) »

正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 6・7日目

3月4日(月)FUKEさんもモンマルトへ行くので私たちも途中まで一緒に行くことにした。 朝食はいつも早いのだが、本日7時頃にした。 10時30分にフロントで集合。老夫婦と愛知の女学生と私たちである。地下鉄に乗り、回数券を女学生から分けてもらう。 ビガール駅で下車。ケーブルカーでサクレクール寺院に着いた。我々はここから単独行動に移る。寺院の天辺まで行こうとしたが、入口で誤ってロスタイムしたので諦めた。寺院の裏手に回り、みやげ物屋へ入る。ここでキーホルダーを纏め買いし、更に大ジョッキーを4個購入した。お店の人が気前欲、20ユーロを返してくれた。何が気に入ったのかラッキーと妻は大喜びである。 丘を半周して帰るつもりだったが道に迷ってしまった。ゴッホの住んでいた家どころではない。東洋人に日本語が分かるかと尋ねても通じない。やれやれ、しっかりした地図がなく、ガイドブックの大まかな地図もあいまいながら、検討をつけて下ったら、ビガール駅に戻ったらしい。来るときの二つ目の駅へ戻る形で歩く。ムーランルジュ劇場で写真を撮る。 二つ目の駅でモンマルトの丘まで一緒だった2組の老夫婦と女学生に会えた。 お昼の時間なのだが、老夫婦はラーメンを食べに、女学生はレストランに行ったが戻ってきたようだ。我々は交差点の角のサンドウィッチ屋さんでサンドウィッチを買って歩きながら食べることにした。 女学生もサンドウィッチを買うらしい。我々は先行して進む。そのうち女学生達に抜かれてしまった。 大きな二又の道で彼女達も迷っていた。左だよと教えてあげる。もうそろそろホテルかなと思ったが、その先にあった。無事到着して安心。 2時までに着いてよかった。ホテル出発は2時30分である。三々五々に分かれたツアー仲間も戻ってきた。 ノード駅で迎えに来てくれた日本人が来て、空港まで送ってくれる。 シャルルドゴール空港に着いた。入国審査も済、免税店へ最後のお土産を買う。ユーロもなるべく使い切りたい。会社のお土産やら、近所、親戚の分と大変である。 機内は満席である。私たちの席は非常口である。足がノビノビ出せてゆったり出来る。キャビンアテンダントの方が説明してくれた。私も「一度羽田で降りてます」というと親近感からか色々話し込んでしまった。 帰りは梅酒、ビールを飲んで寛いだ。ほとんど寝っぱなしで時間も長く感じなかった。快適な空でした。 3月5日(火)成田着が14時05分予定が1時間早く着いたようだ。 二男夫婦が迎えに来てくれて助かった。途中、回転すし屋で2回目の昼食までしてしまった。無事我が家へ到着。夕食を共にするよう進めるが休憩して帰った。 たのしい欧州旅行でした。結婚40周年記念になったかな!京子さんお疲れ様でした。今度は南米のマチュピチュだ!

1303057180

13030407176

13030407164

13030407171

|

« 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 5日目 | トップページ | 東京WALKING 第17回 坂田ヶ池(印旛沼の竜) »

「旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111696/51115265

この記事へのトラックバック一覧です: 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 6・7日目:

« 正則の山行記録2/ロンドン・パリ編 5日目 | トップページ | 東京WALKING 第17回 坂田ヶ池(印旛沼の竜) »