« 東京Walking 第29回  北条歴史探訪とつくば道 | トップページ | 東京Walking  第31回 さった峠ウォーク »

東京Walking 第30回 鋸南町水仙ロード

目的地:鋸南町水仙ロード 実施日:平成28年1月10日(日) 参加者;バスツアー(スタッフ3名、参加者41名) 1月10日(日) バス1台である。京成競馬場前経由津田沼駅を8時20分に出発。京葉道路に進む。 君津パーキングでトイレ休憩。 保田駅前で下車。 この水仙ロードには源頼朝の逸話が多い。頼朝は石橋の合戦で破れ、海を渡り、このちに逃れてきた。房総半島を横切り、仁衛門島で囲われて、下総へ入ってまた挙兵するのである。 本文に戻る。 踏み切りを渡り、保田神社で陣容を整える。一般観光客もちらほらと歩いていた。 七面川ぞいに歩く。土手には菜の花が満開である。異常気象で春の花がいっぺんに咲いていた。桜、蝋梅そしてお目当ての水仙。車道はいつのまにか人の往来で一杯である。 田園風景や水仙を写真に納める人も多い。私たちの集団も長蛇の列である。 水仙広場では男性が美声で色々な曲を披露していた。 ここで甘酒を飲む。日差しもあり、温暖である。春のウォーキングも絶好調である。 但し、唯一の簡易トイレはいっぱいで行列になっていた。 ここら辺りから少し登りが始まった。 山頂らしくない山頂の標識を過ぎると、見返り峠を通る。二俣の道を右折すると視界がまた開ける。双耳峰の津辺山が見える。裏に富山も顔を出している。街道筋を見下ろしながら下る。 佐久間川を渡ると街道に出る。赤伏バス停に観光バスが止まって待機中である。 4Kmの軽いウォーキングは終了した。 これから、今回の観光コースのもう一つの楽しみがある。国道は渋滞なので高速道で金谷へ向かった。フナ盛りの昼食である。東京湾を望みながら、贅沢なお正月である。 バスはまた移動して、小泉酒造へ向かった。天羽高校を通り過ぎて、鹿野山の裏を通る。 標識を頼りに進むとよい。広い駐車場があり、「酒匠の館」という建物がお迎えする。 館の裏に酒蔵があるが見学は出来ない。但し、試飲ができるので飲みすぎに注意。ここは東魁盛が有名である。私は八犬伝という東魁盛の原酒であるお酒を買う。後日、封を開けて飲むと独特の甘みのある酒で口当たりがすごくよかった。余りに感激したので私の別のブログで千葉の酒として紹介した。 ~(省略)~ すばらしい正月になりそうだ!

160110n0015

160110n0017

160110n0020

160110n0021

参考 1.コース 1月10日 我が家7:00~競馬場前8:20~津田沼駅8:40~君津PA9:50/10:10~保田駅10:30~水仙広場11:50~赤伏停留所12:30~漁師料理かなや12:50/14:00~小泉酒造14:30/15:00~津田沼駅~競馬場~バス会社17:00/17:30~病院18:00 歩行距離:4Km ・・・・・・・・・・・・・・ 2.概略図

Photo

|

« 東京Walking 第29回  北条歴史探訪とつくば道 | トップページ | 東京Walking  第31回 さった峠ウォーク »

「アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111696/70083233

この記事へのトラックバック一覧です: 東京Walking 第30回 鋸南町水仙ロード:

« 東京Walking 第29回  北条歴史探訪とつくば道 | トップページ | 東京Walking  第31回 さった峠ウォーク »