正則の山行記録2/附属編・西沢渓谷

1dsc01391 実施日:平成20年8月12日/. 目的地:西沢渓谷(山梨県)/. メンバー:妻と私(57才)/.  異動に伴ない、車通勤になった。今の三菱グランディスでは燃費(ガソリンが高騰している)が悪く、思い切って車を買い替えることにした。グランディス最後のドライブになる。 妻のリクエストに答えて、西沢渓谷を見に行くことにした。 朝5時8分に我が家を出発。猛暑続きである。幸い曇りである。本日の天気予報。東京は午前中雨。山梨はどうかな!  お盆前なので、やや車も多い。首都高を抜け、八王子付近で雨に見舞われる。談合坂SA(サービスエリア)で朝食を兼ねて休憩。早朝から人が多い。いつもの豚汁がメニューにない。おにぎりとサンドウイッチを買い、屋外のパラソル付のテーブルで食事をする。  笹子トンネルを抜けると勝沼インターである。カーナビではこの先を誘導していた。しかしここで降りた方が早い。最初の信号で勝沼方面に右折すればよかったが、やや不安になり、次の信号の塩山方面へ曲がってしまった。市内を余計に走ってしまった。貴重な時間をロス。 国道411号線に出て、恵林寺の脇を通り、国道140号線に出る。  道の駅「みとみ」に寄り、トイレ休憩。すぐ先に西沢渓谷の入口がある。一番下の駐車場に車を入れる。すでに十数台駐車していた。陽を避けて木陰に。8時35分。山支度をして8時45分に出発。ループ橋の下を潜り林道を歩く。  休憩場(分岐)を過ぎ、更に進むと村営西沢山荘がある。元気な親子連れも歩いている。 最初の滝は三重の滝である。コンクリートで整備されている。やや観光地化され過ぎているのでずっとこんなのでは興醒めしてしまう。と思ったがこの先は自然の中にある登山道であった。ほっとする。 結構沢伝いに登るのでアップダウンがあり、ハイキング気分では治まらない。軽登山である。でも沢の景観はずっと続くので心はリフレッシュされる。何段にもなっている青々としている滝つぼ。滝から落ちる白い泡。すがすがしい清涼感がある。渓谷の橋を何回か渡る。この渓谷は日本一かもしれない。そう思えるようになってきた。 雄大さはないが日本の渓谷美を満足させてくれる。30年前に国師岳を目指してここを通ったはずなのだが、このすばらしい渓谷美の記憶がない。どうしてかな! やや洞窟になった母胎淵を過ぎ、カエル岩を過ぎる。急坂を登ると目の前に七ツ釜五段の滝が目に飛び込む。10時30分。 208081201380 感動である。妻に誘われてここに来て良かったと思う。一度来ているので余り期待していなかったのである。シャッターを何回も押す。...... 滝の先で道から降りて、沢へ降りた。「ここで昼食にしよう!」お腹のすく時間である。10時40分。岩に腰を下ろし、おにぎりとパンを食べる。また麦茶が旨い。20分後にまた再開。 後ろから来た中年男性が我々を追い抜き際、草花を取って「これ、なんだが分かりますか!」と突然質問してきた。私が見ても分かるわけがない。「いや~分かりません!」色々講釈してくれた。「コシアブラの木」だそうだ。葉を天ぷらにするといいとのこと。 08081201402 何の変哲もない低木の草木である。特徴がないので覚えられない。とりあえず写真に収めた。  また坂を登りきったら、西沢渓谷の折り返し点である。ベンチには何組かの人達がお弁当を広げていた。トイレもある。その先には軌道跡があり、レールが付いていた。昔をやや思い出したかな!この先は荒れていて国師を断念して引き返した場所である。  我々も木の根っこに腰を下ろし、青森県産の太陽というプラモをかじる。大きいのであごがはずれそうである。 11時15分。 15分ほど休憩して下る。 下りは軌道跡を歩くので、平坦な道をゆっくり下がる。途中、小型ブルトーザーで道を整備していた。楽なコースであるが、1時間30分歩くのでちょっと長く感じる。 崖下20メートルに2頭の鹿がいた。私が喜びの声を上げたのでびっくりして逃げていった。妻から「変な声を出すからよ!」となじられる。写真に収めようとしたが間に合わず。残念!そういえばもうひとつ、妻がへびとご対面していた。妻が先行して、カエルの岩付近(西沢渓谷)で「キャアー」と悲鳴をあげたらしい。私は滝の音で全く聞こえていなかった。妻に近づいたら、「ヘビが出たの!」と教えてくれた。後の祭りである。足元でヘビが横断していったらしいる。またひとつ思い出になるお土産話が増えたのである。 広い林道に出て、ネトリ橋を渡れば、丁度このコースの一周が完結する。この頃には陽が射して蒸し暑くなっていた。やはり午前中に歩いた方が良い。それでも若いカップルが気軽な格好ですれ違いざまに渓谷に入っていった。 駐車場に午後1時丁度に到着。朝寄った道の駅で、パンフレットを見て、日帰り温泉を探した。更に道の駅「花かげの郷まきおか」に寄り、妻のお目当てである農産品を見たが、品数が少ない。どうも甲府の先にある豊富の道の駅に比較して規模が小さすぎたようだ。期待はずれである。源泉の湯に浸かるつもりであったが、中止にして帰ることにした。 桃と野菜(きゅうりなど)は買ったようだが、ブドウがない。勝沼でぶどう園のある店に寄り、色々なぶどうを買い込む。 帰りにも談合坂SAによる。どういうわけか銀座並みの人ごみである。大きいたこ焼きを食べる。 渋滞に嵌らないうちに帰ろう。上野原、赤坂で多少の渋滞があったが、我が家に午後6時に着いた。 参考 ①歩行時間(距離:約11Km)  上り2時間15分  下り1時間30分 (合計3時間45分) ②歩行記録 西沢渓谷駐車場(30分)西沢荘(1時間20分)七ツ釜五段の滝(10分)沢(昼食20分/15分)西沢渓谷終点(15分休憩/軌道跡:1時間30分)駐車場 ③交通費 (走行距離 357Km) 13400円(ガソリン代、高速代)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正則の山行記録2・東京WALKING第6回<花見川上流>

108022800833 <写真:花島公園> 平成20年2月28日(木)/ 「花見川の上流を目指して」 今回は東京近隣の川を散策してきた。千葉県の東京湾に注ぐ花見川である。 スタートは新京成線の滝不動駅。12時30分頃。天気も上々である。およそ30Kmの歩行時間を想定した。 ザックにパン1個とペットボトル、おやつ(飴等)とカメラを入れて、快調に歩く。高根公団前を通過し、高根台中学校(12時55分)を左折し、すぐ右折する。真直ぐ行くと、成田街道に出る。13時17分。 花見川団地を目指すつもりが実籾駅方面に進んでしまう。近道を選んだつもりがものすごい遠回りになってしまった。やや右足の関節が痛むが我慢しているうちに治ってしまった。 花見川団地を通過すると花島公園に出る。14時20分。昼飯は我が家で済ましたのだが、お腹がすいたので、ザックにあるパンを食べる。若いお母さんが小さいお子さんを連れて、楽しそうに散歩している姿が目立つ。10分ほど休憩して、花見川に出る。ここから下流はよく散歩やサイクリングをした。この反対の上流は未知の世界になる。その上流を目指す。鬱蒼とした茂みに囲まれた川沿いを歩く。観察用に鳥の絵と名前が載った看板があちらこちらにある。鳥の鳴き声がするが観察する暇もないので急いで歩く。 途中2箇所で堰堤工事があり迂回する。八千代市に入ると花見川は新川と名前が変る。やや歩きづらく迷う所だ。 京成線を潜り、左岸(下流から見ると右側)に渡り、また右岸に渡る。桜の木が植えてある。春にならば見物客が多いのだろうと推察する。土手沿いの道は整備されていて、歩きやすい。更に東葉高速線を潜る。15時40分。通学帰りの高校生達が多くなる。釣り人も目立つ。 八千代の道の駅(国道16号)が見えてきた。このまま川の上流を進めば、印旛沼に向かう。今回は富士見橋で左折し桑納川(かんのうがわ)に入る。16時12分。500メートルほど先は小船が往来できそうだが、その先は川幅が狭く、汚れている。また堰堤の道もなくなり、田んぼの脇道を歩く。川が二つに分かれているところに来る。左岸よりの川(木戸川)は農水路となり右岸の川は工事中となっている。右岸の川の方が川らしい。こちらに進むことにした。ところが桑納川の右の土手にいたので、木戸川を渡らなければいけない。渡る橋が見当たらない。1回車道に出て、随分遠回りを強いられる。先ほどの川の分流点に戻る。工事中でブルドーザーが置かれていた。土手は枯れ草でぼうぼうで歩けない。田んぼのあぜ道を通り、上流へと向かう。 08030400841 <木戸川:写真/高根台さくら公園が源流> 上流へ向かう道もなくなり、車道へ出るしかない。川を見失わないようにトボトボ歩く。電柱に坪井町とある。何処へ出てきたのか不安である。どうもこの川の河川工事があちらこちらで見受けられる。川から離れないように、人家の脇道を通り抜ける。 とうとう川の源だろうか、調整池に出た。この周辺も工事中なのか、柵で覆われていた。やっと川の旅も終りである。日もどっぷり沈んでいた。増築中の公園の脇から抜けて、広い車道に出た。どうやら日大(理工学部)の裏に出たらしい。もうくたくたである。右足の関節も痛み出し、足を引きずりながら歩く。この周辺は東葉高速の日大前駅(地下駅)が出来、新興住宅地として変貌してきている。都内へ1本で行けて便利であり、静かな学園街(日大の付属中学、高校と理工学部、薬学部がある)なので一戸建ての穴場だと思う。  日大理工学部の正門を通り、船橋東署を通る。振り返ってみると、もうちょっと早く帰れたかなと反省。まずは実籾駅の遠回りと堰堤工事が多く、余計な遠回りをしたことだ。それと大事なことは手元に地図がないのである。全くの感で歩き通してきた。ある程度頭に地図が入っているが、細かい所は解らない。今回の散歩は事前に思いついた行動なので仕方がない。ところで最終の川は坪井川である。桑納川から上流の川は詳しい地図帳で調べないと解らない。歩行中には表示物がない。大きな川であれば橋に掲示板がある。家に帰り、調べるのも楽しみなのである。.....足の靴擦れも気になる。腰周りに筋肉痛なのか肩がこるのと同じようなパンパン状態である。気持ちは急いでいるのだが、一向にスピードが上がらない。やれやれ! 滝不動駅に着いたのは18時40分。走行距離は35キロメートルでした。 追伸:3月4日に自転車で坪井川の分流である駒込川の源流も確認してきた。船橋総合体育館の脇にある調整池である。<下記写真> 08030400853

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正則の山行記録2/附属編・東京WALKING第5回<神田川>

実施日:平成19年7月13日/ 目的地:神田川(柳橋~小石川橋/3.6Km)/ メンバー:単独。 今日は山梨県の秋山・二十六夜山に行く予定でした。生憎台風4号が接近し、梅雨前線を刺激しているので、急遽変更し、都内の散歩コースにしました。 前回はレインボーブリッジから晴海埠頭、芝浦埠頭を見下ろす素敵な景色を満喫しました。今回は曇り空で午後から雨の予報なので、折畳み傘を持って出かけることにしました。 我が家を午前8時ごろ、「善は急げ」とばかりに出てきました。早朝だと20分で火星駅(仮称)に出られるのですが、この時間帯は40分かかりました。「不便なところに住んでいるな!」といつものように実感していました。 火星駅から快速で馬喰町に出ます。この駅で下車するのは初めてです。極めていい加減なスターとでした。要するに隅田川に出られれば良いと大まかな感覚です。C1の出口に出ると、どうやら京葉道路と靖国通りに出たようだ。「よかった!」。見覚えのある道でした。墨田川は目の前。両国橋を渡り、「はて、神田川はどこだろう」と考え込んでしまいました。右手に両国ジャンクション(首都高速)、墨田川左岸沿いに首都高6号線(向島線)があります。地図を取り出してみれば、右岸に神田川の入口があります。「何だ!川を渡る必要がなかった!」 070713f0004 (写真:隅田川から神田川入口) 引き返して、靖国通りを横断しました。2,30メートル先に狭い柳橋があります。「さあここから、スタートです。」 この川は武蔵野市の井の頭池が水源で、途中善福川や妙正寺川と合わせて、この隅田川まで26Kmあります。今回はここから溯ること3.5Km地点で日本橋川と分岐しているところまで行くことにします。 柳橋から上流を窺うと、両岸にぎっしりと屋形船が係留されています。夜になれば粋な江戸見物が出来ることでしょう。 070713f0007 (写真:柳橋から浅草橋を窺がう) 次に浅草橋。この名前の由来は浅草御門前(奥州街道と浅草観音が通るこの地に、江戸城の警護として築かれた門)にあったことから浅草御門橋と呼ばれていた。いつしか浅草橋となったそうです。 次の橋は意外と通行量の少ない、静かな通りです。左衛門橋(この付近に庄内藩主酒井左衛門邸があり、その名前からきているらしい)である。 070713f0013 (写真:左衛門橋) 美倉橋に来ると、屋形船の姿は見えない。公衆トイレも和風の瓦屋根である。「この界隈を流れる神田川の土手は柳並木があったことから「柳原土手」と呼ばれていた。岩本町周辺は江戸城から見れば、鬼門(北東方向)に当る。柳森神社の社伝によれば、大田道灌が鬼門除けに稲荷を祀り、柳を植えたのが始まりといわれている。~」岩本町の掲示板より。 070713f0017 (写真:美倉橋) この川は総武線に平行している。浅草橋駅を右手に見て、小さいオフィス街を進む。 急に車両の通行料が増す。和泉橋の上は首都高1号線(上野線)である。歩道橋を渡る。 070713f0022 (写真:和泉橋) 秋葉原駅が右手にある。総武線と山の手、京浜東北線、新幹線がクロスしている。歩道の街路灯に「神田ふれあい橋」という看板がある。細い路地に入ると新幹線の隣に人間と自転車の専用の橋があった。 070713f0028 (写真:神田ふれあい橋) 070713f0030 (写真:秋葉原電気街と万世橋) 次に広々とした万世橋がある。賑やかな秋葉原の電気街が目の前に広がる。橋の上流左側に赤レンガの(昔の)交通博物館がある。 電気街を過ぎると、昌平橋(この橋は古く、芋洗橋、相生橋などと呼ばれていたこともある)である。総武線が神田川を渡り、御茶ノ水駅で中央線と合流します。 070713f0039 (写真:昌平橋から聖橋を望む) 湯島聖堂を過ぎて、川を振り返ると左岸から地下鉄(丸の内線)が川を横切って、JR線の下を潜って地下に入ります。すると頭上には聖橋があります。 まもなく人通りの多い御茶ノ水橋に出ます。右手は東京医科歯科大学病院と順天堂病院があります。この橋から川を見下ろすと緑に囲まれた渓谷沿いに黄色い電車が走り去っていきました。ほんのちょっと癒されます。 070713f0047 (写真:御茶ノ水橋から上流方面) 右岸沿いに歩きます。神田上水懸樋跡(徳川家康は江戸の入府に先立って家臣の大久保藤五郎に上水の開鑿を命じた~と説明あり)があります。 070713f0052 (写真:水道橋) 水道橋は後楽園があり、一段と賑やかなところです。市兵衛河岸(岩瀬市兵衛の屋敷があった)があり、今は防災船着場となっています。 070713f0058 (写真:後楽橋から小石川橋を写す) 070713f0060 (写真:神田川から日本橋川の分岐) さらに後楽橋を過ぎると小石川橋(寛永13年、江戸城外郭門が設けられた際に、備前岡山藩主池田光政によってここに見付が構築された。其の時に木造の橋が設けられたのが最初です)に着きます。 ここが本日の終点です。神田川の後楽橋と小石川橋の中間の右岸に日本橋川があります。(日本橋川上には首都高5号線<池袋線>があります)11時20分。馬喰町駅から約2時間15分でした。 振り返ると柳橋の下町雰囲気から始まり、浅草橋界隈の衣料雑貨問屋街、万世橋付近の秋葉原電気街、御茶ノ水橋の学生街、水道橋は後楽園を中心にする行楽街が続いていました。昔はこの川の沿岸に多くの河岸があり、春米屋(玄米を精米して江戸町民に販売する米商人)と青物市場が栄えていました。また水害も著しく、関口から下流の全ての橋が鉄砲水で一気に流されたという被害があったそうです。 帰りはまた歩きで中央線沿いに東京駅まで。12時20分着。雨に降られなかったのですが、蒸し暑い1日でした。 <順路> 柳橋~浅草橋~左衛門橋~美倉橋~和泉橋~神田ふれあい橋~万世橋~昌平橋~聖橋~御茶ノ水橋~水道橋~後楽橋~小石川橋 <参考:BRIDGE WATCHING 神田川橋梁群>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正則の山行記録2/附属編・東京WALKING 第4回<レインボーブリッジ>

実施日:平成19年6月12日(火)/ メンバー:単独。 皆さん、「レインボーブリッジを歩ける!」って知っていますか。私は今回を含めて3回目になります。マラソンコースに散歩コースにいかかですか。約1.7Km、徒歩で20~30分かかります。「レインボーブリッジは二重構造の複合交通施設のつり橋で、下層は遊歩道、臨海道路、新交通ゆりかもめの軌道が走り、上層は首都高速11号台場線が通っています。」(東京港管理事務所港湾道路管理課パンフレットより)こんなすばらしい散歩コースは中々ありませんよ!但し、炎天下、風のある日は避けましょう。 まずは本日のコースをご案内します。夜勤明けで頭はボっーとしていますが浜松町駅からUターンしてJR田町駅へ。JR田町駅東口をスタートします。 070612f0004 午前9時30分頃出発。やや遅い通勤時間帯ですが通勤客がどっと吐き出されてきます。私も一緒に吐き出されますが、急ぐ必要もないので皆さんの邪魔にならないように端っこを歩きます。今朝の羽田空港は真っ白。視界が非常に悪かった。芝浦付近もやや霞んでいます。でもこれから晴れてきそうです。 田町駅から東京湾に向かってまっすぐ歩けば、レインボーブリッジの遊歩道の入口に行けます。運河を渡り、モノレールが上を走っています。ここはマンション群で高層マンションが周りにぎっしり。さぞかしセレブな方が優雅に過されているのでしょう。サングラスをかけて、子犬を散歩させているご婦人とすれ違いました。 首都高1号羽田線を潜ると、レインボーブリッジの高架橋が見えてきます。町の雰囲気も変り、港湾関係の倉庫がちらほら! 070612f0013 レインボーブリッジの下にある7階立てのビル(芝浦アンカレイジ)に出てきます。案内板の矢印に従って入れます。もちろん無料です。「無料っていいなあ!」と思って、臨港道路管理所の駐車場に前職だった黄色パトロールカーが止まっているのに気がつきました。覘いてみたら、昔の同僚先輩がいました。懐かしくて30分くらいおしゃべりしてしまいました。この人たち(調査員)は毎日、臨港道路の施設を見るためにレインボーブリッジを往復しているのです。雨が降ろうが、真夏の炎天下でも毎日欠かさず歩く(日曜日は除く)のです。ダイエットになるかもしれませんが、大変ですね。 ガラス張りの玄関から入場するとサウスルートとノースルートに分かれます。両方エレベーターが設置されており、7階まで上がります。玄関内にトイレがあります。道中長いのでここで用を済ませると良いでしょう。(開場時間4月から10月までは9:00~21:00、11月から3月までは10:00~18:00/休館日は毎月第3月曜日、自転車は不可) 7階に着くと、コンテナヤードと接岸されている貨物船が目に入り(芝浦埠頭)、その先に都心のビル群が見えます。通路を進むと臨港道路の脇に出ます。歩道がありますが、通過する車に圧倒されます。とてもうるさい。 070612f0028 青い海、東京湾を眺めているうちに気にならなくなりますが。中間部に来ると真下に自衛隊(他国かも)の艦船が晴海ふ頭に向かってゆっくり進んでいます。2隻のタグボートに付き添われています。艦船に白い服姿の水夫さんが甲板を歩いているのがよく見えます。写真を撮ろうと構えたら、橋が小刻みに揺れていました。この下約50メートルあります。そういえば、昔この上の高速道路から人が飛び込んだという話がありました。その後どうなったのか分りませんが。 070612f0024 070612f0032 品川台場(島)付近に来ると、サウスルートとノースルートがつながっています。下層部分の下を潜るとお台場の町と人口海浜公園が広がっています。緑が映える砲台跡の人口島も林立するコンクリートのジャングルと対象的です。ビル群の向こうに飛行機が低空で着陸していく様子が窺がえます。不思議な空間から不思議な国に遭遇したかのようです。 台場側入口に到着しました。車で来られる方は入口右側に有料駐車場があります。 070612f0048 浜辺では甲羅干しする若者が数人。そういえば日中、30度近く上がるそうです。すっかり晴れて、梅雨はどこへ行ってしまったのかな! 070612f0060 ビルを突き抜け、新交通ゆりかもめのお台場海浜公園駅に。新橋まで310円。 070612f0062 レインボーブリッジのウォーキングはこれでお仕舞い。途中、お昼を食べて帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)